山梨県南アルプス市|工務店|新築|リフォーム|木造|注文住宅|公共工事|LIXIL|有限会社長沼住建

 

ZEH(ゼッチ)住宅

 

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 住宅のしくみ

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 住宅のしくみ
 

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
 
今現在、テレビ、ネット、さまざまなツールで『ZEH(ゼッチ)』の紹介がされています。
調べても理解しにくい点がいくつかあります。
そもそも、『ZEH(ゼッチ)』ってなに?って思われますよね (笑)
弊社、長沼住建では簡単にご説明させていただきます。
詳しい内容やZEH住宅仕様に関して聞きたい方はぜひ、長沼住建にお問い合わせください(^.^)
 
◆ 地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつになっています。2020年に求められている省エネルギー基準よりも、さらに厳しいものが「ZEH基準」です。ZEHとは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まい。
つまり、普段使って消費してるエネルギー創るエネルギーで上回って収支をゼロにしていこうという住宅です。
 
◆ メリット・デメリットについて
 
メリットは、高い住宅性能、省エネ、健康への好影響、住まいの快適性、夏は涼しく、冬は暖かい。電気、水道、エアコン等は節水・節電なので水道光熱費は大幅に減らす事が実現します。
弊社では、年間の水道光熱費のシュミレーション資料を作成しお渡しします。年間どのくらいの差が出るか一目で理解できます。
 
デメリットは、初期費用が上がることです。ZEH住宅にするには住宅のアイテムを高性能にする必要があります。太陽光パネルの設置、断熱玄関ドア、高性能樹脂サッシ、水廻りは節水機能、照明はLED、建物の断熱性能の向上などなど、さまざまな性能が上がらないとZEH住宅仕様にはなりません。これらの製品で初期費用が一般住宅より上がってしまう要因です。
 
『ZEH住宅仕様にする初期費用の増額は、一般住宅に比べて、100万円~300万円』ぐらい上がると言われています。(機器類の設置、太陽光パネルの設置等) 、坪数や建物仕様ではこれ以上上がる可能性は出てきます。
ですが、一般住宅とZEH仕様住宅を比較して、ランニングコスト(長い期間)で見て頂くと、35年で500万円以上の節約が実現し、お得になります。
初期費用だけで見てしまうと家を建てようという気持ちが薄れていくかもしれません。
一般住宅と比べ、ZEH仕様住宅のランニングコストでは水道光熱費はお得になります。建物品質も向上し、省エネ、太陽光発電、断熱性能、今までの建物よりは暮らしやすくなると思います。
 
ZEH仕様を選択して良かったと言える家を私達、工務店が造っていきたいと思います。
 

水道・光熱費シミュレーション

水道・光熱費シミュレーション
 
水道・光熱費
■ お客様にお渡しする提案書です。
 
水道・光熱費
■ 比較住宅と比べた水道・光熱費の内容になります。
 
水道・光熱費
■ 水道・光熱費の詳細です。分かりやすく一目で理解できます。
 
 
水道・光熱費
■ 削減効果のある機器類の一覧です。すべて省エネ対応です。
 

創エネ+省エネ+断熱性

創エネ+省エネ+断熱性
 
ZEH
 
 
創エネ
 
『太陽光パネル』 5kw~10kw 搭載
 
ZEH
 
 
省エネ
 
『エコキュート』 お湯をかしこくつくる。
 
 
 
 
ZEH
 
 
断熱性
 
『高性能グラスウール・ロックウール・吹付け断熱』
 
さらに、断熱の上に気密シートを張り、気密性向上
 

ZEH目標公表資料

ZEH目標公表資料
 
弊社、有限会社長沼住建は2020年(平成32年)までのZEH普及目標を公表します。
 
■『 2016年度 (平成28年度) 年間総建築軒数 : 1軒 』
■『 2017年度 (平成29年度) 年間総建築軒数 : 1軒 』
■『 2018年度 (平成30年度) 年間総建築軒数 : 2軒 』
■『 2019年度 (令和1年度) 年間総建築軒数 : 4軒 』
 
『 ZEH今後の普及率目標 (ZEH・Nearly ZEH・合計受託率) 』
ZEH 普及目標 】                       【 ZEH 実績
■ 2016年度 (平成28年) : 10%     ■ 2016年度 (平成28年) : 0%
■ 2017年度 (平成29年) : 15%       ■ 2017年度 (平成29年) : 0%
■ 2018年度 (平成30年) : 35%       ■ 2018年度 (平成30年) : 50%
■ 2019年度 (平成31年) : 55%   ■ 2019年度 (平成30年) : 25%
■ 2020年度 (平成32年) : 70%
 
『 ZEHの周知・普及に向けた具体策 』
 
■ ホームページやイベントチラシにZEH住宅の内容詳細を記載・周知を行う。
■ 水道光熱費シミュレーション・削減効果のある機器類の提案・提示をする。
■ ZEH住宅完成の際に見学会を実施し、ZEH住宅を体感してもらう。
 
『 ZEHのコストダウンにむけたあ具体策 』
 
■ 複数の販売店と連携し、コストダウンを図る。
■ 新築件数を増やし、原価のコストダウンを図る。
■ 外皮計算・一次消費エネルギー量計算を自社で実施し、コストダウンを図る。
 
『 その他の取り組みなど 』
 
■ 自社広告にZEH住宅を掲載する。
■ ZEH住宅の販売価格を提案・提示する。
■ ZEH住宅の勉強会に参加する。
<<有限会社長沼住建>> 〒400-0414 山梨県南アルプス市戸田133番地 TEL:055-283-4020 FAX:055-283-4034